公認会計士、司法書士などの士業資格ってどう?

資格(公認会計士、司法書士など)について説明

公認会計士、司法書士などの士業資格ってどう? - 資格(公認会計士、司法書士など)について説明

士業

・士業
国家資格を取得することで、専門性・公共性が保証され、独占的な業務を行うことができる職業を士業といいます。
士業には、公認会計士、司法書士、弁護士、税理士などがあります。
士業と書いて「しぎょう」や「さむらいぎょう」と読みます。
これらの職業は、法律や会計の分野にかかわることが多い職業です。
国によって、扱える分野や範囲が定められており、独占的業務が保証されています。
しかし、資格取得のための試験の難易度は高いことが知られています。

・公認会計士
公認会計士は、会計の専門家のことをいいます。試験の難易度も高く、弁護士や医師と並んで、三大国家資格と呼ばれることもあります。
弁護士は法律の専門家で、医師は医療の専門家です。
公認会計士には、様々な業務があります。具体的には、監査業務、会計業務、コンサルティング業務、税務業務です。
税務業務を行うことから、税理士と混同されることもあります。しかし、税理士は、税法の専門家であり、業務の住み分けがなされています。
一方で、公認会計士は、税理士となる資格があります。しかし、一般的には、監査法人などで監査を行います。

・司法書士
司法書士は、法律の専門家のことをいいます。
法律の専門家には、司法書士のほかに、弁護士や行政書士などがいます。
税理士も、税法の専門家であるため、法律の専門家ということもできます。
司法書士の業務には様々なものがあります。
具体的には、不動産登記、会社登記などの手続き代理などの書類作成などから、裁判所・法務局などへの書類作成などです。
また、簡易裁判での訴訟・調停・和解を代理で行うことがあります。
さらに、様々な法律に関する相談も行います。

話題のサイト

埼玉県で会社設立の相談をするなら;司法書士長久保事務所
東京で有名な司法書士に依頼をするなら;アイクス司法書士事務所
女性が担当してくれる東京の法律事務所「寺西朋美司法書士事務所」
迅速に対応してくれる行政書士なら東京のこちら|河野法務行政書士事務所
公認会計士の勉強を始めるなら:最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド